日曜2限の株式講座

スポンサードリンク

簡単操作でチャートめくりができる株ソフトウェア2選

チャート1000本ノック用の株ソフト

今回は趣向を変えて、株式関係のソフトウェアを紹介したいと思います。

いくつもの銘柄のチャートを順繰りに見ていけたらいいなと思ったことはありませんか。株式トレーダーの中には、少なからずそうした需要があるようです。かく言う管理人も、マザーズ市場全銘柄の株価チャートを定期的にチェックする習慣を持っています。

そこで、今回は管理人が利用している便利なチャートソフトを2本ご紹介したいと思います。是非、このソフトで株価チャート1000本ノックを楽しんで下さい。

  1. 株羅針盤
  2. kabuステーション
  3. おわりに

株羅針盤

最初は「株羅針盤」の紹介です。株羅針盤はシェアウェアで5800円のライセンス料が掛かる製品です。ただし、1ヵ月間の試用期間があります。とりあえず操作感を知っておきたいのであれば、試用期間を利用すれば十分でしょう。

肝心のチャートめくり機能は、画面上部にあるキーをクリックすることで実現します。あらかじめ特定の銘柄を登録しておき、それを1クリックごとに順繰りに見ていく感覚です。

株価羅針盤の操作画面
株価羅針盤の操作画面

加えて、このソフトでは自動チャートめくりの機能が搭載されています。例えば3秒に設定すれば、3秒ごとに次の銘柄チャートに移る感じです。管理人は使っていない機能ですが、どうにも世の中的にはそうしたニーズがあるようです。

ソフトウェア全体として、多くの機能を備えています。ただ、あまりに多くの機能が搭載されているため、管理人は使いこなせておりません。とりあえずで使ってみて気に入った方は、購入してからも使い込む余地のあるソフトウェアです。

kabuステーション

お次はカブドットコム証券が提供している公式ツール「kabuステーション」です。こうした公式ツールはどこの証券会社も出してはいるのですが、チャートめくりに便利なのはkabuステーションだと思います。

肝心の使用感は「登録した銘柄を上下で切り替えてエンターで表示する」という感覚です。管理人はマウスクリックよりもキー操作が好きなので、この点が気に入っています。

kabuステーションの使い勝手
kabuステーションの使い勝手

kabuステーションが他のソフトウェアと違う点は、登録可能な銘柄数が多いことです。また、マザーズ市場ならマザーズ市場で「一括登録」という手段を取ることもできます。こうした点は、さすが公式ツールだと思わされます。

おわりに

以上の通り、今回はチャートツールを2つ紹介してみました。チャート分析ツールとして、指標やインジケータが豊富なツールは多いのですが、いくつものチャートを順にみることができるツールは少ないようです。

ただ、やはり得意のチャートパターンを探す場合や、相場全体を俯瞰したい場合は、チャートをめくって見ていく作業が必要だと思います。いわゆる「チャートの1000本ノック」です。管理人も、ある投資家の方の実体験を元に、チャートを順にみる習慣を始めてみました。

そんな訳で、今日の教科書はこちらです。管理人も少なからず影響を受けた話が載っています。

百人百色の投資法 Vol.4 (Modern Alchemists Series)
by カエレバ

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

ブログランキング

この記事が気に入ったら、ポチっと投票お願いします。

ブログをメールで購読

メールアドレスを登録して頂くと、ブログの更新情報をメールで受信できます。

日曜2限の株式講座へようこそ!
ここは「お金の貯め方を考えるブログ」管理人ことクワトロ・ガッツがお届け
する株式投資のブログです。
株式取引の基礎知識からノウハウまで、お役立ち講座を凝縮してお届けします。
Return Top