個別株CFDで空売り規制銘柄を売る

個別株CFDで空売り規制銘柄を売る

今回は個別銘柄を扱うCFD会社「IGマーケッツ証券」を使って、貸借銘柄以外でも空売りをする方法を紹介します。

先日、中国発の世界同時株安により、日経平均も大幅に下落しました。このような局面では、当然空売りが有利。ただ、通常の株式売買では空売り規制が掛かって、新規建てができない銘柄が散見されます。その場合でも個別株CFDを使えば空売りが可能な状況が生まれます。

空売り規制をかいくぐるメリットはいくつかあります。以下に内容をご紹介していきましょう。

  1. 個別株CFDとは
  2. 空売り規制とCFD
  3. CFDでも逆日歩は発生

個別株CFDとは

最初に個別株CFDの説明から入りましょう。CFDとは差金決済取引の通称です。一定の預入金をCFD会社に預け入れることで、日経225の指数取引や商品先物の売買が可能になります。FXと言えば馴染みのある方も多いでしょう。FXというのはCFDの一種で、特に外国為替に限って売買するものを指します。

多くのCFD会社では、日経225のインデックス商品や、金・原油といった先物などの金融商品を扱っています。基本的にCFDと言えば、このような「インデックスもの」「指数売買」を扱う取引を指すようです。ただ、一部のCFD会社では、個別株も売買することが可能です。もっとも、具体的にはIGマーケッツ証券しか管理人は知りません。管理人は口座を持っています。

個別株CFDが通常の株式売買と異なる点はいくつかあります。ざっと特徴を以下に挙げます。

  • 取り纏めがCFD会社(東証ではない)
  • レバレッジが利く(現物株という概念がない)
  • 全ての銘柄を売買できる訳ではない(主に東証一部銘柄)
  • 貸借銘柄でなくても空売り可能
  • 一単元が細かい(値がさ株でも小量を取引可能)

CFDは、基本的にCFD会社が売買を取り仕切る方式。いわゆる相対取引です。ただ、当然ながら株価は東証のそれに連動します。おそらくバックグラウンドでCFD会社の持ち株を売買して、帳尻を合わせているはずです。大筋で言えば、証券会社を通じて取引する株式売買となんら変わりがありません。

細かい部分では、株式の売買と異なるポイントがいくつかあります。これこそがCFDを利用する利点になります。使い方を後述します。

空売り規制とCFD

CFDを利用する利点としてひとつ挙げられるのは、空売り規制の掛かった銘柄や、そもそも貸借銘柄でない個別株であっても、売りの新規建てができる点です。株価大暴落が起こったときに、このルールは重宝します。

例えば、現在空売り規制のトリガーに抵触している個別銘柄は、ざっと120超。そんな銘柄でも、CFD会社の取り扱いさえあれば、なんら問題なく空売りが可能です。空売り規制に掛かっているということは、当然、売り込まれている訳で、売りの順張りをしたい場合には規制が障害になります。

加えて、そもそもが空売りできない銘柄。具体的には信用銘柄でしかない(貸借銘柄でない)場合。通常の株式売買では、東証が「貸借」の指定をしないと空売りすることができません。東証一部上場であっても、空売りができない銘柄は結構あります。そんな銘柄であっても、CFD会社に取り扱いさえあれば、売り建てが可能です。

IGマーケッツ証券の取り扱いを例に出すと、ほとんどが東証一部銘柄です。逆に言えば、その規模の銘柄であれば、空売り規制はないに等しいでしょう。CFD会社を通じて売買すれば、通常は不可能な空売りが可能なケースが結構あります。

CFDでも逆日歩は発生

空売りができるメリットばかりを述べてきましたが、通常の売買にも存在するリスクもあります。逆日歩です。特定の銘柄に空売りが集中し、日証金が貸し出す株式が枯渇してくると、通常売買の空売りでも逆日歩による支払いが発生します。CFDの場合は「調整金」という名目で徴収されます。

空売りが可能であると言っても、信用比率は確認する必要があるでしょう。この点は、株式売買であってもCFDトレードであっても、空売りをする場合は変わらぬリスクです。そもそも「逆日歩に売りなし」という位ですから、トレードに勝つ見込みも少ないことですしね。

余談になりますが、CFD取引でも配当金の受け取り、支払いが発生します。この場合も、同じく「調整金」が発生しますね。配当落ちを狙って空売りを仕掛けた場合、通常売買でもCFDでも、配当金相当の支払いが発生する点は変わりがありません。

逆の言い方をすれば、それ以外はうまくルールの抜け道を探ることができるという訳です。次回は、CFDならではのメリットを使ったトレードアイデアをいくつかご紹介しましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フォローする

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 半年ほど前からシステムトレードを始めています。今回はいくつかの検証ソフトを使ってみた使用感と評価を述…
  2. 投資書籍をkindleで読む
    今回は、投資の勉強とAmazonの読み放題サービスKidle Ultimatedの相性の良さを語りた…
  3. 個別株CFDの活用方法とトレードアイデア
    前回の記事では、通常の株式売買では空売りできない銘柄でも、CFD取引を利用すれば売り建てすることが可…
  4. TOPIX組み込み銘柄選定のつぼ
    去る2015年10月28日。どうやらTOPIX買いが行われた形跡がありました。2015年上期までは、…
  5. 破産しないための株式リスク分散法
    株システムトレードの連載第5回。今回は資金管理について解説したいと思います。 勝てるルールさえ…
  6. 売買ルールをイザナミでシステム化
    今回は株のシステムトレード検証ソフト「イザナミ」を使って売買ルールを作る手順を紹介します。 安…
  7. ポーランドズロチ円を使ったFXサヤ取りの手法
    最近、ポーランドズロチ円を使ったサヤ取りの手法が話題を集めています。サヤ取りの元祖と言えばやっぱり株…
  8. 東証一部指定条件を根拠に昇格銘柄を予想する
    今回は、管理人の考える残りの東証一部銘柄を予想していきたいと思います。四季報を使って東証一部指定条件…
  9. 企業アクションで東証一部指定候補を予想
    指定替えを目指す上場企業が取るアクションをヒントに東証一部への昇格候補を予想してみたいと思います。企…
  10. 四季報CD-ROMで東証一部昇格銘柄をスクリーニング
    今回は、四季報CD-ROM版を利用して、東証一部指定の可能性がある銘柄を探す方法をご紹介したいと思い…

Twitter でフォロー

スポンサードリンク

GMOクリック証券CFD

株システムトレードのイザナミ

株システムトレードソフトイザナミ
ページ上部へ戻る