日曜2限の株式講座

スポンサードリンク

パイプドビッツに6月のTOPIX買い

パイプドビッツに6月のTOPIX買い

パイプドビッツに6月のTOPIX買い

今週、26日(木)と27(金)。どうやら、GPIFによるTOPIX買いがあったようです。銘柄はパイプドビッツ(3831)です。不自然な形で株価が騰がりました。

丁度良い機会なので、今回はパイプドビッツを例に、TOPIX買いの特徴と値動きのパターンをご紹介していきたいと思います。

  1. パイプドビッツの値動き
  2. TOPIX買いとは
  3. 新規TOPIX採用銘柄のトレード手法

パイプドビッツの値動き

パイプドビッツ(3831)は、5月20日の東証一部昇格銘柄です。順調にいけば、今月末辺りにTOPIX買いがあると睨んでいました。東証一部昇格銘柄は、一部指定の翌月末からTOPIX指数の算出に組み込まれます。

この思惑が大当たり。26日~27日にTOPIX買いがあったようです、管理人は、うまく利益を乗せることができました。このパイプドビッツの値動き追ってみましょう。

パイプドビッツのTOPIX買い

パイプドビッツのTOPIX買い

ご覧の通り、26日の寄りつきから大幅に買われています。値上げ幅+7%の高騰。この値上げ幅の大きさと大幅な出来高増加から、TOPIX買いであったと推測することができます。

TOPIX買いの値動きには、いくつかのパターンがあります。今回は、寄り付きから買ってくるパターンでした。他にも、「一日かけて徐々に踏み上げていくパターン」「引けで慌てて買い込んでくるパターン」など色々あります。他のパターンについても、おいおい紹介していきたいと思います。

いくつかの値動きのパターンはあるものの、TOPIX買いでは株価と出来高。この両方が大幅上昇する点が共通しています。今回も、大幅な出来高の上昇がありました。

パイプドビッツ出来高増加

パイプドビッツ出来高増加

TOPIX買いとは

TOPIX買いをご存じない方のために、ちょっと解説を加えましょう。TOPIX買いというのは、TOPIX新規採用銘柄が特定の日に大幅に買われる現象です。

TOPIX指数は、東証一部上場銘柄すべての株価から算出されます。そして、東証一部に新規に上場した銘柄は、TOPIX指数の算出に寄与するようになります。ポイントは、TOPIX指数に連動する投資信託や運用ファンドが存在することです。

TOPIX連動ファンドは、TOPIX指数に連動するように株式ポートフォリオを組んでいます。このTOPIXポートフォリオを運用するため、すべての東証一部上場銘柄を特定の比率で保有します。このため、新規に東証一部に指定を受けた銘柄は、TOPIX連動ファンドのポートフォリオに組み込まれます。このとき、大きな需要が生じ、特定の日にまとめて株式が買われます。

つまり、TOPIX買いが起きるのは、TOPIX連動ファンドによる需要があるためです。そして、ファンドの事情によって特定の日にまとまった買いが入る。これがTOPIX買いの正体です。

新規TOPIX採用銘柄のトレード手法

前述のTOPIX買いに便乗して、株価上昇で利益を出す手法が知られています。これが、世に言う「小判ザメ投資法」です。

小判ザメ投資法では、TOPIX買いを行うファンドをジンベエザメに例え、その値動きに便乗して買いにいきます。資金力の強いジンベエザメが買いを入れれば、とにかく株価は上昇します。その上昇幅に便乗して、おこぼれの利益に預かろうという訳です。TOPIX連動ファンドのジンベエザメに対して、我々、個人投資家は小判ザメに例えられます。

この手法のポイントは、ジンベエザメの動きを動く読むことです。ジンベエザメが獲物を取りにいくアクションを起こしたら、こちらもすかさず張り付きにいきましょう。同じ銘柄を買いにいくのです。小判ザメが餌にありつくためには、ジンベエザメの動きをうまく読むことが大切です。

この手法の詳細は、以下の記事に記載しています。

関連記事:TOPIX買いで小判ザメ投資法

スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

ブログランキング

この記事が気に入ったら、ポチっと投票お願いします。

ブログをメールで購読

メールアドレスを登録して頂くと、ブログの更新情報をメールで受信できます。

日曜2限の株式講座へようこそ!
ここは「お金の貯め方を考えるブログ」管理人ことクワトロ・ガッツがお届け
する株式投資のブログです。
株式取引の基礎知識からノウハウまで、お役立ち講座を凝縮してお届けします。
Return Top