日曜2限の株式講座

9月の彼岸底相場を攻略する

9月の彼岸底相場を攻略する
9月の彼岸底相場を攻略する

9月も初旬も過ぎ去ろうという今日この頃。秋の気配がただよってきました。株式相場では、「彼岸底」という言葉があるように、9月は例年、株価が底を打つ傾向があります。今年こそ、日経16,000円と上値を目指す方向にあるものの、mixi(2121)の大暴落や、楽天(4755)の不振など、ちょっと業種は選んで買う必要がありそうです。9月を通しての買い戦略は難しいもので、ちょっとした工夫が必要です。

そんな難易度の高い彼岸前の株式相場。今回は、その攻略の糸口をご紹介していきたいと思います。

  1. 9月は株価が下がる例年の傾向
  2. 買うなら安定の食料品銘柄
  3. ヴィレッジバンガードを買ってみた
  4. 9月12日は四季報の発売日

9月は株価が下がる例年の傾向

冒頭に書いた通り、例年、9月というのは株価全体が下がる傾向にあります。理由は諸説ありますが、ざっと以下のような要因を挙げることができます。

  • 8月に決算発表が立て続き、材料出尽くし。
  • 決算と同時に配当の権利日が過ぎる。権利落ちにより下落。
  • 投資機関が決算期を迎えて、権利確定による売りが相次ぐ。

確かな原因は分かりませんが、ともかく例年は日経株価は下がる傾向にあるようです。結果、「彼岸底」と呼ばれるように、9月は中旬まで株価が下落する傾向があります。

当然、そのような相場で買いを挑むには困難を伴います。かと言えば、売りで臨むにも、この時期は材料が見あたりません。そこで今回は、トレードのヒントとなる事柄を2、3紹介していこうと思います。

買うなら安定の食料品銘柄

繰り返しになりますが、9月は各業界とも下落基調にあります。そんな中でも、唯一、上がる傾向のある業界があります。食料品業界です。

これもまた諸説ありますが、ひとつは9月末に株主優待の権利日を迎えることが原因だと思います。9月は食料品を含む小売業の決算期を迎えます。同時に、多くの企業は決算に合わせて株主優待の権利日を設定しています。

株主優待のアノマリーに書いた通り、株主優待の権利日が迫った銘柄というのは、株価が上昇する傾向にあります。特に小売り業の株主優待は、個人投資家に人気があります。結果として、優待目当ての買いが入り、9月の逆風の中でも株価が伸びる傾向があるのでしょう。

アオハタの株価チャート
アオハタの株価チャート

例えば、アオハタ(2830)です。いわずと知れた「アオハタジャム」を製造・販売しているメーカーです。食料品銘柄の一角として、堅実に株価が上昇しています。ちなみに、10月の株主優待銘柄でもあったりします。大きな利益とはならないものの、8月から9月のこの時期まで、安定して株価が上がる傾向のある銘柄です。

もともと、食料品業界は機関投資家の参入が少なく、投機的な取引があまり行われません。このため、一年を通じても株価は他の業種に比べて、安定している傾向があります。逆に言えば、個人投資家の人気が色濃く出やすい業種であり、結果、優待権利日前の買いが続くのでしょう。

ヴィレッジバンガードを買ってみた

二つ目の戦略として、もう少し先の株主優待銘柄を買ってみるという方法も考えられます。狙う業種は、前項と同じように個人投資家が多勢を占める小売り業が良さそうです。

そのような戦略のもとに管理人が買ってみたのが、主題のヴィレッジバンガード(2769)です。知っている人は知っていますが、ヴィレッジバンガードというのは、雑貨を併売している本屋のフランチャイズです。「楽しい本屋」がコンセプトで、一見して本屋に見えない店舗を展開しています。通称「ヴィレバン」といえば、ナウでヤングな若者にオオウケの買い物スポットです。

実はヴィレバンは、昨年から株主優待を始めました。これを受けて昨年の同時期、株価は高騰。どうやら、株主優待のアノマリーが成り立ちそうな銘柄です。管理人はこの記憶を頼りに、今年は買いで参入してみました。

ヴィレッジヴァンガードの株価チャート
ヴィレッジヴァンガードの株価チャート

結果は良好。先週まで、毎日少しずつですが株価が堅実に上がりました。現時点は、押し目だと考えます。ここで買い増しでしょうか。今後が面白ろそうな銘柄です。

9月12日は四季報の発売日

最後にもう一つ。個人投資家の影響で株価が動きそうな材料があります。それは、昨日の9月12日に発売された四季報です。

四季報といえば、銘柄探しに必須のアイテムです。昨今ではとかくデイトレやシステムトレードが取り沙汰されていますが、やはり株式投資の王道は企業業績に基づく成長銘柄の探求です。四季報には、そのヒントになる企業業績と将来予想が載っています。

四季報が発売されると、機転の利く投資家が、その情報に基づいて売買をスタートします。特に、四季報は昨号から各銘柄の業績予想を掲載するようになりました。業績予報が発表されると、その予想に基づいてPER(予想)の修正が行われます。結果、新たな業績予想に基づいた割安銘柄・成長銘柄が生まれることになり、格好の売買材料となる訳です。

企業業績は賞味期限のある情報ですから、できるだけ早く手に入れたいものです。まだ買っていない方は、すぐに書店に走りましょう。今日から3連休の間は休場なので、まだ間に合います。発売日の後の3連休が明けた後には、株価がどのように動くかが見物です。管理人も現在、銘柄を物色しています。

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

ブログランキング

この記事が気に入ったら、ポチっと投票お願いします。

ブログをメールで購読

メールアドレスを登録して頂くと、ブログの更新情報をメールで受信できます。

日曜2限の株式講座へようこそ!
ここは「お金の貯め方を考えるブログ」管理人ことクワトロ・ガッツがお届け
する株式投資のブログです。
株式取引の基礎知識からノウハウまで、お役立ち講座を凝縮してお届けします。
Return Top